menu

instagram facebook twitter

大門酒造とは ABOUT DAIMON BREWERY

「技」+「自然」「米」「水」酒に酔い 人に酔い 夢に酔う

「技」+「自然」「米」「水」酒に酔い 人に酔い 夢に酔う

大門酒造は文政9年(1826年)に創業し、中世から受け継ぎ発展させてきた酒造りの優れた技法、近郷の良質米、摂津や生駒の山系からもたらされる清澄な水をもとに、丁寧に心を込め、高品質な酒を造りだしてきました。

大阪には人々の生活に根ざしつつも商工業都市「天下の台所」として蓄積された富があります。
その豊を実践的思想や教育、上方の文芸、技術の育成に投じられ、尚且つこの地の精神文化の土壌を厚くし豊かな食文化の中でそれを支え、引き立たせる媚びない酒。
細やかな情感表現を得意とする上方芸能の心をほうふつとさせる酒。
自然を取り込み生活の節を際立たせる酒。という「町人道」「上方」にふさわしい味わいの酒造りに励んで参りました。

そして大門酒造は今、伝統と革新の思いで、米の旨みをたっぷりと感じられ、爽快な酸味に裏打ちされたボディのある酒を提案いたします。
日本食のみならず、世界の料理との相性を存分に楽しんでいただけるしっかりした酒です。

「濃淳辛口」をキーワードに掲げ、洗米と浸漬における吸水歩合や麹の破精具合を見直し、仕込み配合やモロミの品温経過までの細部にわたる操作についても新しい取り組み方で仕上げました。大門酒造から日本の今、季節の口福をお届けしたいと願っています。

いつも地の旨い酒を飲みたいと言っていただいた地元の方に永くご愛顧頂いた菊養老ブランド。そして、吟醸酒の時代を迎えて新たに立ち上げた利休梅。いつの時代にも新しい味わいの世界を求めて技術の研鑽に励んで参りました。そして今、1998年から取り組んだ日本酒輸出の試みが花開き始め、MUKUNEからDAIMONブランドとして新たに販売して参ります。これからも大門酒蔵は、すばらしい日本酒の味わいをひとりでも多くの皆様にお届けして参ります。

ロゴマークについて

大きく開かれた門「大門」DAIMON Welcome Gate, Forever Gate

大門酒蔵のロゴマークは大きな門がモチーフとなり、
その門の奥行きは、代々続く大門酒造の酒の味わいや人の心、技術の深みを表しています。

  • 日本酒の世界への門
  • いつも開いているおもてなしの門
  • 人と自然、人と人をつなぐ門
  • 代々続く、これからも続く道をつくり、そして守る門
  • 福をまねき、平和をもたらす門
DAIMON BREWERY since 1826